江戸時代の日本橋にタイムスリップ

日本橋が架けられたのはいつか

慶長8年(1603年)の江戸幕府の開府とともに日本橋は架けられました。

架橋の翌年の慶長9年(1604年)には、東海道、中山道、日光街道、奥羽街道、甲州街道の五街道の起点に定められました。

こうして日本橋は、橋と街道の発展とともに江戸の商業の中心地として、まさに栄華を極めました。

日本橋は何回も架け替えられた?!

江戸時代の火事で何度も再建されている日本橋

1603年(慶長8年) に初代の日本橋が架けられました。その後、記録が残っているだけで江戸の大火による消失で12回ほど橋が架け替えられています。872年(明治5年)には、 木造最後となる橋が架け替えられました。現在の日本橋は明治44(1911)年の架橋で、なんと19代目とも20代目とも言われています。

江戸時代の日本橋の界隈

日本橋の周りには多くの人々が行き交った

橋のたもとの広場のことを橋詰めといい、行き交う人々の交流の場でもありました

江戸時代の日本橋には、西の橋詰には高札場があり、幕府からのお触れや罪人の人相書きなどを張り出す場となっていました。現在の日本橋観光案内所のあたりです。

東の橋詰には罪人の晒し場がありました。現在の滝の広場があるあたりです。

日本橋の北岸には魚河岸が栄えます。最初に魚河岸を開いたのは、江戸幕府を開いた徳川家康にとともに大阪から江戸に移住した漁民たちでした。彼らは佃島で漁をし、幕府や大名に魚を優先的に納めた代わりに余った魚を町で売る権利を得たといわれています。

ここが日本の魚市場発祥の地となります。魚河岸が関東大震災で焼失して築地に移転するまで300年以上にわたり、人々の食文化を支えてきました。海産物に関わる老舗が日本橋の地に残り、以来日本橋の顔となっています。

江戸時代の日本橋の象徴 擬宝珠(ぎぼし)とは

江戸東京博物館 擬宝珠 レプリカ
江戸東京博物館の擬宝珠のレプリカ

江戸時代の日本橋の欄干には擬宝珠がついていました。

擬宝珠は城や寺社の手すりなどにみられるネギの花の形をした飾りのことです。擬宝珠は、装飾の目的だけでなく欄干の柱の木口を腐食から守る役割も果たしていました。

当時、擬宝珠がついている橋は、江戸幕府のお墨付きであり格式の高い橋として扱われていました。他に擬宝珠がついていた橋は、江戸城の見附橋、新橋、京橋だけだったと言われています。特に日本橋は、別格の扱いをされていたということです。

日本橋黒江屋さんの擬宝珠

日本橋 黒江屋

日本橋の黒江屋さんという漆器店には擬宝珠の実物が保存されており、この擬宝珠を参考に江戸東京博物館にある日本橋の原寸レプリカの擬宝珠が制作されました。

擬宝珠には「万治元年戊戌(つちのえいぬ)年1658年9月吉日日本橋御大工推名兵庫」の彫刻があります。御大工の御とは政府用達の大工であったことを表しています。

日本橋 黒江屋 擬宝珠

江戸時代の日本橋へ時間旅行したい方は

江戸東京博物館 日本橋
歩いて渡れる江戸東京博物館の実物大 日本橋レプリカ

現存の日本橋から江戸時代の日本橋の面影を見ることは残念ながら難しいですが、江戸時代の日本橋へ簡単に時間旅行する方法があります。

両国の江戸東京博物館を訪れると、まず日本橋のレプリカがお出迎えしてくれます。実際の図面を元に再現された実寸大の日本橋のレプリカは、なんと歩いて渡ることが出来るのです。江戸の街の賑わいを空想しながら渡ってみてください。

はしのまち3月号は

はしのまち 3月号 はしのまち瓦版
はしのまち3月号

フリーペーパーはしのまち3月号は、イラストルポ 江戸時代にタイムスリップをお届けしています。
『はしのまち』は地域の日経新聞朝刊に折り込まれるほか、エリアの駅のラックや協力店舗で配布されます。もし、目にとまることがあったら、ぜひお手にとってみて下さいね。