2月28日(木)~3月11日(月)

NHK Eテレで毎週日曜18時から放送中の「猫のしっぽ カエルの手 京都大原 ベニシアの手づくり暮らし」という番組を見ている方も多いかと思います。ほっこりとする作品に囲まれて暮らすベニシア・スタンリー・スミスさんの姿に思わず憧れてしまう、人気番組として有名です。

ここで紹介するのは、そんなベニシアさんの生き方に触れることが出来る「京都大原の庭とキッチンから ベニシアさんの手づくり暮らし展」です。番組を見てベニシアさんの生き方に憧れている人は必見です!

このイベントは2月28日(木)~3月11日(月)の午前10時から午後8時まで、松屋銀座8階のイベントスクエアで行われます。入場料は一般1000円、高校生は700円、中学生は500円、小学生は300円。前売料金だと割安になりますから、行く前にネットで調べてみることをお勧めします。

グッズコーナーではベニシアさんの描くハーブや草花をデザインしたオリジナルグッズの他、ベニシアさんに縁のある人々が手作りした日用品や民芸品などが販売されています。また、展覧会限定でベニシアさんのレシピをヒントにしたオリジナルフード“Venetia’s Favorites”も用意されています。

手芸好きな方、スローライフに興味のある方にもイチ押しのイベントです。

NHKの番組「猫のしっぽ カエルの手」でおなじみのベニシア・スタンリー・スミスさんは、1950年イギリスで貴族の家系に生まれました。しかし、19歳で貴族社会を離れ、そして不思議な巡り会わせで、京都大原の築100年にもなる憧れの古民家に暮らすようになります。

古きものを大切にし、庭で育てたハーブを生活の中に取り入れるなど、手作りと工夫に満ちたベニシアさんの暮らしは、平凡な日々の中にささやかで豊かな幸せがあることを教えてくれます。

そして、折々に語る言葉からは、ベニシアさんの現在の暮らしの根源には、家族が仲良く暮らすつつましやかな生活への憧れと同時に、少女時代に貴族として過ごし、その中で育まれた美意識があることも見えてきます。

本展では、ご自宅の庭やキッチンの再現、愛用品、交流のあった人々との出会いなどをご紹介いたします。ベニシアさんがたどってきた生き方の魅力にぜひふれてみてください。

松屋銀座

京都大原の庭とキッチンから ベニシアさんの手づくり暮らし展